先輩社員のインタビュー
髙山不動産で働く、先輩社員からのメッセージ
不動産業のやりがい楽しみなど、先輩社員の声をお届けします。

人生で初めて
「会社のために本気で頑張りたい」
と思いました

入社年月 平成21年1月(中途入社)

統括部長 山本一也

KAZUYA YAMAMOTO

「仕事の楽しさ」を教え「誇り」を引き継いでいきたい

私が高山不動産に入社したのは平成21年で、その時はまだ会社の人数も少なく また私自身も不動産経験は2年ぐらいの新人でした。 正直、会社の力になれるだろうか、 先輩社員の方々と打ち解けれるだろうかなどの不安でいっぱいでした。
しかし、そんな不安とは逆に他の先輩社員の方々はまるで家族のように出迎えてくれて 仕事やプライべートでも私を支えてくれました。
また仕事に関しても「仕事の楽しさ」や 「人への思いやり」など、業務だけでなく多くの事を教えていただきました。
私は人生で初めて「会社のために本気で頑張りたい」と思いました。
そんな風に会社の事を思える事はすごい事だと思います。 そして一生懸命仕事をしていくうちに会社も私自身も大きく成長できました。
高山不動産に入社でき、色々な方々と仕事ができた事を私は「誇り」に思っています。 これから髙山不動産に入社する後輩社員の方々にも「仕事の楽しさ」を教え 「誇り」を引き継いでいきたいです。

「ありがとう」と
言っていただけることに、
とても魅力を感じます。

所属部署 売買事業部
入社年月 平成26年11月(中途入社)

店長 野上俊彦

TOSHIHIKO NOGAMI

仕事内容

土地や建物の売買仲介がメインですが、住宅ローンやハウスメーカー選び、リフォーム工事や火災保険加入についてのご相談も承っております。
また、元引越業者という経歴を活かし、引越しについてのアドバイスも行い、不動産購入について最後までご対応させて頂いております。

この仕事の魅力

最初はあまりプライベートなことを話してくれないお客様が、何度がお会いしていく中で、ご自分の事や家族の事を話してくれるようになります。
また、ご案内や契約と進めていくとどんどん笑顔になっていきます。 そして、お引渡しの際にお客様から「ありがとう」と言っていただけることに、とても魅力を感じます。

私が高山不動産を選んだ理由

以前から不動産購入という人生で一番大きなお買い物のお手伝いをしてみたいと思っていました。 高山不動産を選んだのは、創業40年を超える老舗でありながらも、地域№1を目指しているとても意識の高い不動産会社だったからです。
転職するにあたり、とても不安もありましたが、社長をはじめ、先輩の皆がとても優しく接してくれ、すぐに慣れました。 本当に勇気を出して転職をしてよかったと思います。

自分で考える力も養えて
成長できる職場だと思います!

所属部署 売買事業部
入社年月 平成25年4月(新卒入社)

サブリーダー 廣松恵理

ERI HIROMATSU

仕事内容

売買事業部の営業さんのサポートをしています。
電話対応や物件資料の作成・整理、簡単な来店対応やお茶出しなど、 営業スタッフがのびのびとお客様に向き合えるように縁の下の力持ちとなるような仕事をしています。
私はお客様と直接的にかかわることはないですが、 お客様が契約をされたときは少しでもお手伝いができたと思うと、自分の事のようにうれしいですね!

会社の雰囲気、いいところ

高山不動産は現在パートを含めると女性のスタッフの方が多く、女性も働きやすい職場だと感じます。 20代~30代の社員が多く、先輩の方々はほんとに気さくな方ばかりです!
ちなみに私は現在一番年下ですが、それでも気後れせず相談でき、仲の良いアットホームな職場です。 私が属する売買部は現在3人(女性は私1人)しかいませんが、とっても仲が良く、2、3カ月に1回は売買部お食事会を開催し親睦を深めています。 会社全体の飲み会等のイベントも年に何回かあり、部署をこえて仲良くなれる機会もきちんとあるのもうれしいですね!
また、入社して感じたのが、もし自分が「○○をしてみたいです」や「○○した方がもっと良くなる」などの考えがあるときに、 きちんと社長が社員の意見を聞いて下さるので、自分のやりたいことをさせてもらえる可能性のある会社だなと思いました。 自分で考える力も養えて成長できる職場だと思います!

はじめは不安でいっぱいでした・・・

私は不動産知識も全くなくはじめは不安でいっぱいでしたが、 上司をはじめ尊敬でき、信頼してくれるスタッフが丁寧に指導してくださったおかげで今の私がいます。
丸々2年経った今でもお客様への感謝と向上心だけは忘れず取り組んでいく所存です。
不動産の知識がない方でもやる気と向上心次第で大いに活躍できるフィールドだと思うので、是非一緒に高山不動産で働きましょう!